読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンオク大好き再エネモンスターの戯言

oneokrockファン歴9年目の再エネ業界社会人4年生の戯言ブログ

それ自分の感想?それとも他人の感想?

食わず嫌い王決定戦ってクソおもろいけど、、食べたことないのに嫌いになれるってすごいよね。

 

改めて人が作るイメージや噂の力ってすごいなと思ったわ。イメージや噂次第で人の行動や判断を変えちゃうわけやから。

 

でも、凄いことである反面、めちゃくちゃ怖いことでもあるなってすげー思ってて


本質的には最高な"もの"なのに、みすみす周りの噂やイメージで見逃し三振してしまうとしたら、それめっちゃもったいなくないかね。


しかもその"もの"が自分の人生において、とても重要なものだったり、自分の生活を劇的に変えるものだったとしたら、尚のこと怖くない?

 


何がしかの"もの"を目の前にした時に、自分の中から湧き出てきたイメージや感想らしきものに対して、


それ自分のイメージや感想?それとも他人のイメージや感想?

 

って問いを立てる癖をつけるべきだなって。


俺アボガドは男性ウケしないってよく聞いてたけど、食べてみたらめちゃくちゃおいしくてハマってるもん。

 

パクチーまじうまいよって聞いてたから食べてみたけど、クソ苦手だってわかったよ。

 


大袈裟に聞こえるかもしれないけど、仮に他人のイメージや感想を自分のものだと思って生きてるとしたら、

 

それは、他人の人生を生きてるってことになるんじゃないかな。

 

いやむしろ頭の中だけで終わってたとしたら、それ他人の人生すら歩んでないよね。

 

 

じゃあ自分のイメージや感想を持つにはどうしたらいいか?

 

そもそも考えただけのものや人から聞いたり言われたりして思ったことは、感想じゃないよね。

 

感想って感じて想うって書くけど、

 

感じて想うには、やってみるしかないかと。

 

 

何事も、知ってみて、やってみて、五感で感じて初めて感想って湧き出てくるんじゃないかね。

 

 

さらに、実践すれば、自分の感想が湧き出てくるのに加えて、次に繋がる知恵がつくと思ってて。

 

知恵って「あー、あの時こーするべきだったな」とかそういうやつ。

 

知識は忘却されるけど、知恵は記憶と共に残るし。


しかも、(蛇足だけど、)知識なんてもはやwebで調べれば一瞬で出てくるし。webに人の頭は敵わないよ。

 

だから人は経験して知恵をつけなきゃいけないって感じてるんよね

 

 

「これ食べたら自分の体がどうなるのかを知ってるから、これは食べないようにしよう。」

 

「これやったら、自分や周りがどうなるのかを知ってるから、今度はこんな風に観点を変えてやってみよう。」

 

こういう知恵の積み重ねが自分ってものや、個性を作ってくんじゃないかな。


ロボット・IT・人工知能とか言われてる時代に個性のない人間は不要になっちゃうよほぼ確実に。


だからこそ、替えのきかない個性のある人間になって行かないとマジで干される時代は、すぐそこまで来てる。


何事も経験。そして経験するにはまず行動。

 

そんでもって人生は有限。

いつ死ぬかわかんないから。

だからこそスピードも大事。

 

 

 

 

最近流行らせたい自分の内から湧き出て来た言葉

 

Quick Action leads to success

 

 

successの定義は人それぞれだけど、 

 

今の自分よりbetterというか深い自分にはなれるんじゃないかなって

 

 

何事に対しても素早く行動し、知恵のある人間になっていきたいなってやっぱりおもうわ。

 

 

 

 

食わず嫌いは馬鹿野郎

 

 


ワンオク大好き再エネモンスターの戯言でした

 

 

個性のない八方美人は結局孤独。じゃあどうする?

個性、いわゆる自分色が出せるようになってる人は、

 

それなりに時間をかけて努力して個を磨いてるし、考えながらも、

 

とにかく歩みを止めず走って来た人だと思ってる

 

正直、ファーストステップは真似からでも良いと思うんだよね。

 

初動にこだわる人いるけど、止まってるくらいなら真似たほうがいいよ。

 

真似でもいいから考えながら走り続けられれば、

 

もっとこうしたらどうだろ?

 

とかそういう感情や気持ちが湧き出てくるから、それって知恵がついた証拠だとおもうし。

 

結局大切なのは行動することなんだと思ってる。

 

何でもいいから自分の内から出て来た欲求に素直に走ってみたらいい。

 

考えてから行動なんてしてたらいつまでたっても何も残るものを得られない。

 

ある程度生きてれば理解してると思うけど。

 

経験を通じて知恵をつける。知恵がつくと人は応用が利くようになる。

 

知識より知恵の方が大事だよ。

 

人から聞いたり、とりあえず得た知識や情報なんて忘れるよ。

 

でも知恵って体で覚えてるから忘れないよ。

感覚だから。

 

だから個性や自分色を出す近道は、知識より知恵を得るために、

 

欲求とか真似からでも良いから行動を起こして経験することだと思うんだよね。

 

自分色が出て来たら、個性に繋がって、きっと楽しくなってくるよね。

 

そこから初めて類は友を呼ぶ的な現象が起こって来たりなんかしたりするんだよ。

 

個性のない八方美人は一番不幸。疲れるし、結局味方おらん。さみしいよ。

 

個性だしていこーっ。

その為に行動しよーっ。

 

 

 

 

 

再エネモンスター

 

ダラダラ中途半端にやるより、ガーッとスピード意識してやってしまった方がいい

何事も中途半端だと、結局全部自分に返って来るんだろうなって最近思う。

 

中途半端な理解で臨んだ交渉事で、わからない質問をされたら冷や汗かくし。

 

中途半端な理解でそのままにしていれば、せっかくある程度の時間をかけたものも定着せずに、記憶と共に忘却される。

 

中途半端な人間関係も同じ。せっかくキッカケがあって繋がったのに、中途半端な関係で終わらせてしまえば、それはただ知ってるで終わる。

 

そしてその先にある仕事のキッカケや案件の話も中途半端に終わる。そもそもキッカケが生まれない。

 

 

中途半端なスピードでやるなら、集中してある程度深くまでものすごいスピードで突き詰めてから離れればいい。

 

仮に集中して取り組んだ場合に、かけた時間が大きくなったとしても、目先だけでなく後の結果で勝る。

 

さらにその突き詰め方と培ったスピードは、確実に次に繋がって来る。

 

 

一流を目指すならやはりスピードで、量をこなしながら突き詰めて血肉にしてしまう。

 

 

これに尽きる。

 

人それぞれペースはあるのは事実だけど、何より自分なりの最速を意識し続けられるかが自己成長の鍵。

 

 

自分を変えるのは結局自分。

 

 

仕事をしていれば即実践できる環境はあるわけで、お金を貰いながらパワーアップさせてもらえると思えたら最高。

 

あとはその感覚さえ身につけてしまえば、どこで何してたって何とかなるもんだ。

 

https://happylifestyle.com/4147

Quick Action leads to success

最近思ってたことが全部書いてあるサイトを、図らずも見つけてしまいました。笑

 

 

後先云々分かんないことを悩んでいても時間が無駄。アクションを起こせば、勝手にPDCAは回り出す。

 

 

グルグルPDCAを回せば運は味方にできるし、初めはダメでも結果は付いてくる。

 

そしてやればやっただけ、どんどん知識も付いてきて、次々に派生して結果が大きくなる。

 

 

全ての成功の秘訣は、一歩目の初速。

 

 

一回この感覚を掴んでしまうと、出来ないことなんてないなって思えるようになってくる。

 

 

「Quick Action leads to success」

 

 

個人的には、これ本当流行らせたい言葉ですね。笑笑

 

 

https://happylifestyle.com/4166

常識ってなんなんでしょーね。

常識ってなんなんやろなー。

 

一般に、常識の出どころが、多数派マジョリティと少数派マイノリティのどっちか?って言ったら、多数派マジョリティだと思う。

 

多数派マジョリティって大なり小なり能力有る無し関係なしに本当にいろんな人たちの集合体。

 

てことは、マジョリティから生まれた常識って、、多数派のみんなが落ち着いて納得ができる平均値、基準みたいなものってことか。

 

つまり常識が多数派マジョリティらの行動や思考を平準化してるて言える気がするね。

 

てことは、

 

じゃあ、少数派マイノリティの中で作られた常識は?

 

少数派マイノリティの常識は非常識なの?

 

そんなもの非常識だとwebや諸々で少数派を否定してる、多数派マジョリティ多いけど、そいつらほんまもん?

 

その常識だと思われてるもの、本当?

 

 

って常に問いを立てる癖を持ち続けないと

 

平準化された世界の端っこにも立つことはできないのではなかろーか。

 

タダでさえ多数派マジョリティの中での常識を叩き込まれてるわけだから、波にのみこまれちゃうよね。

 

気付いたら即アクション。

 

 

ソフトバンクというトップ企業経営者の姿勢から、自分がどうあるべきかを考えてみた

 

ソフトバンク社外取締役には、ユニクロの柳井社長がいますよね。

 

プーチン大統領と肩組んで談笑するような孫社長でさえも、他人から第三者目線でフィードバックを貰える環境を自ら整えてます。

 

 

そして、その意見を真摯に受け止めながら会社に取り入れて経営を進めている。

 

極めて謙虚であり、何より自分を深く良く理解しているってことだよね。

 

 

これって凄く大切なことを教えてくれているように思うんだよね。

 

 

自分の生活を作っていく上でも、誰かの意見をもらいながら、教えて貰いながら、吸収しながら、時に厳しいことを言ってもらいながら、感謝しながら、決断をして人生を構築していく。

 

 

アドバイスをもらう事は何も恥ずかしいことでも何でもなく、むしろ最高の近道であり、ノウハウ本を読むよりも何倍も効果が出るものだと思います。

 

「大きな気づきは、刺激指数の高い人物との時間で得る」

 

これ本当大事です。

 

でもそんなインプットを増やすためにも、必要になってくるのは、行動力。

 

行動が人との出会いを生み出し、人との出会いが人生をより良いものにする。

 

自分自身がそう確信しているからこそ、

 

もし、あーって、頭で悩んで考えて結局行動できずにいる人たちがいるのだとしたら、そういった人たちの背中を押したい、

 

そう思うし、自分がある意味でそんな身近な相談相手になれるように頑張っていきたいってすごい思いますね。

 

広く視野を広げて日本の現実に目を向けていけば、経済もよくなってみんながハッピーになると思うからこそ、こう言った投稿継続していこうと思いますわ。

怖いものとセットで捉えられがちな、投資とギャンブル。この2つの違いが何かを考えてみた

 

 

さて、投資とギャンブルの違いについてですが、こちら日本だと結構同じもののように捉えられている節がありますよね。

 

こんな投稿をしている僕も、実はそう感じていました😅あとは頭が良い人しかできないとか、迂闊に始めたらどんどんお金無くなってくんだろうなと思って、基本的に避けてました😓

 

でも、いろいろな本を読んだり勉強すればするほど、

 

あまりにも将来(特に子育てピークの40代後半〜50代や、定年退職後の60代〜)に必要なお金が大きくて、

 

サラリーマン収入だけではどうにもならない現実を知りまして、、、

 

『え、これ普通にやばくない?圧倒的に足りないやん』てなりました😅

 

自分、世間的にみたら、そこそこ稼いでる方なんですが、、、それでも全然回らないんですよ笑😳

 

もともと多くのキャッシュを生める不動産資産とかをお持ちの方なら問題ないですが、、、何を隠そう僕は何の優良資産も持っていない普通の人ということもありましたから、

 

これは後回しにせずに、何とかせんとあかんな!と純粋に思いまして、「投資」についていろいろ積極的になっていったわけです🙋‍♂️
※僕はギャンブルはやりません。

 

さて、本題に戻りますが、勉強してみて分かったことですが、投資とギャンブルには明確な違いが1つあるんですよ。

 

 

それは何かと言うと、「論理の有無」。

 

 

投資には論理があって、ギャンブルには論理がありません。

 

 

なんか論理とか難しい表現使ってますが、シンプルにいうと「儲かる理由や損しない理由があるか、ないか」ってことです。🙋‍♂️

 

ギャンブルってのは競馬🏇とかをイメージして貰えればわかると思いますが、基本的に100%運任せで勝負します。

 

どの馬が勝つのか、どの順番でゴールインするのかどうかは天のみぞ知る、、わけですよね笑笑 (失敗した時はoh my god!!!😇ですよね笑笑)

 

ギャンブルを得意とされている方に言わせれば、運を味方にする為に調査を徹底するんだと言われるかもしれませんが、結局は、運です。

 

一方、投資はその投資商品ごとに儲かる理由や損しない理由などが明確にされていることがおおいです。

 

 

身近な例で考えてみましょうか。

 

身近な投資商品例①銀行預金🏦-----

銀行預金という投資商品の論理(儲かる理由)は、
預金金利が0.01%とかに設定されている銀行に100万円のお金を預ければ、毎年100円ずつお金が増える、といったものです。
-----

 

身近な投資商品例②生命保険👪-----
※生命保険はマジでたくさんありますが、以下はあくまで一例です。

生命保険という投資商品の論理(損しない理由)は、
月額1,500円の掛け捨て保険料を支払えば、死亡時に300万円の保険金を被保険者にお支払いします、といったものです。
-----

 

何となく投資のイメージはつきましたか?

 


世の中に出回っている投資商品は、本当に多岐に渡りますが、

 

上記した通り、投資商品ごとに、しっかりと特徴や論理(儲かる理由や損しない理由)があります。

 

 

ちなみに株やFXなどは日々変動する要素が多分にあるので、ギャンブルと同じだろっと仰る方もおりますが、

 

あれも結局は、株価や為替の変動理由があって動いてるわけなので、論理そっちのけというわけではありませんよ。

 

あと、例をあえて上記2つにしたのですが、、、もうお気づきだと思いますが、みなさん実は投資をすでにやっているんですよ笑笑

 

 

生命保険はやったことない人もいるかもしれませんが、銀行にお金預けたことなくて、全てタンス預金だぜ!って方いらっしゃいますか?いたらすみません🙇(いないと踏んでます!笑)

 

 

銀行預金や生命保険は、あまりにも当たり前感覚でやっているので、投資だと気付いてないだけなんですよね💁‍♂️笑笑

 

普段からやっているものの、改めて「投資」という言葉を聞くと、途端にギャンブルとごっちゃにしてしまってるだけなんです😂💫

 

…ということで、長くなりましたが、結論を書いときます。

 

 

●投資とギャンブルの違い●
→論理(儲かるまたは損しない理由)の有無
投資には論理がある。
ギャンブルには論理がない。

 

 

加えて補足します!
皆さん実はいつも投資をやってます!!笑笑

 

 

 

 

最後に…

 

僕はギャンブルをやれ!と言うつもりは全くありませんが(自分自身が、運100%とか怖すぎでやる気になりませんので、自分のやらないことを人には勧めません。)、


せっかく世の中にはたくさんの投資商品があるわけですから、銀行預金という増え幅が米粒みたいな投資だけで終わらせるのは勿体無いのでは?というか、

 

どこに預けようが時間は平等に過ぎてしまうので、折角ならお金に働いて貰えば?と思っているのでこんな記事を書いてます🙌🙋‍♂️

 

投資は、論理を理解さえしてしまえば、残るリスクがなんなのかも分かってくるし、あとはその残るリスクを、自分が自己責任で負えるのか負えないのかってだけです!

 

その負うリスクが大きければ大きいほど、お金の増え幅(減り幅も)も大きくなりますし、その負うリスクが小さければ小さいほど、お金の増え幅や減り幅も小さくなります。

 

逆を言えば、論理を理解できるまでは投資を始めるべきではないんですよ。

 

よく分からないけど、その人を信じて始めたりしたら、上手くいけばラッキーですが、失敗したらその人を恨んだりすることになりますしね。だから最初の論理の理解だけは徹底的にやってくださいね。

 

とまぁ、いろいろ書きましたが、個人に合った形での投資ってのを今一度考えるきっかけとしてみてはいかがでしょうか?

 

私自身、分からないことばかりでしたが、いろいろな方々に相談に乗ってもらい、自分で決断を繰り返す中で、

 

だいぶ資産が形を成してきましたし、いろんな情報の引き出しが手元に増えてきましたよ!✨🙌^^

 

 

基本的に人にやられて嫌なことやものを紹介したり(押し売りや強要)、お話したりはしませんので、

 

将来どのくらいのお金が必要になるのかとか、年金いくらもらえるのかとかの話を聞いてみたい、とかでも良いですよ😊

 

その他、何をどうしていいかわからん、そんな人も是非お気軽にご連絡を🙋‍♂️

 

私たちのような個人が負うリスクを徹底的に減らしてほぼ0にした資産形成方法などもありますから😎✨

 

 

 

ふーっということで、週末シンキングでした✨😊長文読んでいただきありがとうございました🙆✨

that's all, thank you〜:)