読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン投資家ブログ

マス層からの脱却プロセス、マインドなどを不定期で更新します。

自分の人生の戦略を立てよう

企業って、中期経営計画とかを策定しますよね。

 

そして、その中期経営計画に基づいて年度ごとの目標を策定します。

 

そしてその後、四半期ごとの目標とかを組み立てて、個々の従業員の個人目標とかに落とし込んでいきますよね。

 

そんでもってその目標に対してどれだけ達成できたのか?が評価の指標になるわけですよね。

 

つまり、仕事ではみなさん目標設定やそれに基づく行動をしているんですよ。

 

でも、ふと考えて見てください。

 

せっかく目標を設定して行動する癖を身に付けているのに、

 

何故か仕事上のみで終わってしまってるんですよ。

 

プライベートは休み、、、的な。

 

思い当たる方いらっしゃいませんか?

 

 

僕個人的にはちょっと待ってよって思っちゃうわけなんですよ。

 

仕事って何のために誰のためにしてるんですか?

 

自分の人生のためですよね?

 

もしくは奥さんやお子さんのためですよね?

 

人生という視点から考えた場合、仕事って一つの手段に過ぎないんですよ。

 

でもいつのまにか、人生そのものが、会社の仕事だけになってしまっている。

 

自分の人生の目標が、気付けば会社の目標みたいになってしまうんですよね。

 

人生は誰のものか、

 

本人のものですよ。

 

だからこそ皆さん自分の人生をどう生きていくのか?という計画や戦略を立てて見てください

 

そして時々振り返って見てください

 

見え方が変わってきますよ。

 

会社の仕事が人生?

 

違います

 

人生の一部が仕事に過ぎないんです

 

自分の人生をどう歩んでいくのか?その過程でどんな仕事につくのか?そういった視点だけは忘れてはなりませんよ

 

是非とも自分の人生の計画、戦略を是非練ってみてください。

 

投資って別にお金の話だけじゃないんですよ。

 

人が生まれながらにして平等に持っている資産って、時間、身体。

 

それをどう使ってどんな価値を創造して行くのか?これが人生。

 

つまり人生は投資の連続。

 

 

変な話、受験や部活でもみんな経験してるわけです。

 

頑張った分、時間をかけた分、いい成果を上げられる、とかね。頑張らなかったことで勝負に負けるとかね。

 

 

高校生までの日本人が世界的に見ても優秀だって評価されるのは「そこ」なんじゃないかなって僕思います。

 

 

学力云々じゃなく、「投資脳を無意識のうちに実践ないし経験してた」ってとこ。

 

つまり「高校時代まではみんな人生に投資をしてきた」んです。

 

将来の自分の「夢や可能性」に向けて、今の自分が投じれる資産を全力でかけれたわけです。

 

でも多くの人が、大学に入ってどこかで勘違いし始めるんですよね。

 

いい大学に入ったら、いい企業に入れて人生も勝ち組だとか、

 

いい大学に入れなかったら、いい企業に入れなくて負け組だとか、

 

会社で働くことだけがお金を得る手段だとか。

 

大人たちの価値観、いわゆる過去の当たり前を植えつけられちゃうんですね。

 

(そこからはみ出すと後ろ指さされる雰囲気もあるもんね。そりゃ嫌な気持ちになるわな。わかるわかる。)

 

でも、ちょいちょい待ちなされって僕は言いたいですね。

 

人生が生まれてからの20年そこらで決まるって誰が決めたんですか。

 

ちなみに誰も決めてないんですよ。

 

そんな法律やルールないですやん。

 

単なる噂なわけです。

 

昔のそれしか知らない人たち(国民の大多数)が作り出した噂なんですよ。

 

たいていの人は、

噂に従って、割りに合わないとか、こんなはずでは…とか思いながらも、

 

仕方ないからと割り切って、噂に従って生きてるんですよ。

 

そういう人たちに育てられた我々世代はそう思わざるを得ないかもしれないですけど

 

仮に、こんなんちょっとおかしくね?って思った人がいるとしたらそれは正しい感覚です。

 

おかしくね?て思わない人は、染まっちゃいましたねってだけ。残念でした。

 

噂を作り出すための土台を作った人(過去の政策者)たちの術中にはまってしまいましたね。笑

 

でも、術中にはまってる人が生きやすい世の中にもしてあるのが今のJapanなので、

 

気付きにくいかもね。昔の人は本当に賢い。
だからこそメスも入れたくなるわけです。

 

でもね、方向転換もしやすい世の中でもあるんだよ今のJapanて。

 

早くそこに気づいた方がいい。

 

もっと大きな視点で人生に期待したらいいのよ。

 

言っとくけど、お金は有限じゃないよ。でも生まれながらに平等に得た時間や身体は有限なんだよ。

 

早く気づいた方がいいよ。

 

ちょっとでもどゆこと?て疑問を持ったら

 

疑問に素直になった方がいい。

 

いくらでも気付かせてあげる。
個々人に合わせてね。

 

俺は爆進していくよん。


俺の変化を見て、一体何事?て思う人が少しでも増えればいいと思って先陣切ってやります。

 

※写真は一昨日行った九十九里浜。サーフィンやってると、人生って本当に自分次第だなって思わされるよ。笑

f:id:shimi1079:20170507122534j:image

 

日本人の持つDNAに素直に生きよう

日本経済復活させるには、

みんながたくさん子供産む必要がありまーす!

でも子供育てるにもお金は必要でーす!

だからみんな稼ぐ必要ありまーす!

じゃないと将来日本の経済崩壊して自分の子供たちや子孫が苦しみまーす!

日本人としての先輩として皆さん、今の当たり前にクエスチョンマークをもってくださーい!

DNAは知ってるんだから全てを。

よく考えろ。

誰が今の常識を作ったんだ。

日本人しか持ち合わせてない能力ってなんだ

世界の中でもダントツだよ

 

 

サラリーマンがどーとか、そういうのもういいや笑

僕は今日から日本人になりまーす。

皆さん、本来持ち合わせてる日本人としてのDNAの通りに生きましょ〜。

操作された、作られた人間性に自ら終止符を打ちましょ。

今の当たり前誰が作ったかほんまに気づいた方がいいよ笑

日本人は世界で最も優れた人種の一つだよ。

自分に期待しようぜ。

突っ走りまーす🤗

マス層からの脱却プロセス

マス層って知ってますか?

 

保有資産額別に上から

超富裕層、富裕層、準富裕層、アッパーマス層、マス層ってな感じでランクがつけられています。

 

世の中の普通のサラリーマン収入だけの方は、マス層に分類されると思ってもらって構わないと思います。

 

(ちなみにどんな有名な大手にいようと大抵はマス層どまりですね)

 

私も元々はただのサラリーマンでしたので、思いっきりマス層の一員だったわけですが、

 

正直、会社の給料だけでは物足りなくてですね。年功序列の会社でしたし。笑

 

若いうちにたくさんの経験をしたいのに、お金がなくて経験できない…そんな日々に嫌気がさしました。

 

そこらへんから、マス層からアッパーマス層や準富裕層、富裕層への道を切り開く方法はないものか?と考えるようになったんですよね。

 

さぁどうしようか?ということで動き始めた頃、ふと一つの問いが浮かんだんですよね。

 

どうしてマス層と富裕層たちはこんなにも差があるのか?と。

 

富裕層たちとマス層たちとの間である種の情報格差が存在しているのでは?と。

 

だって普通に人間そんなに能力格差があるとは思えませんし、富裕層の全員が素晴らしい人間たちか?といえばそういうわけでもないとおもってました。

 

そこで「富裕層とマス層の間には情報格差が存在している」という仮説を立てた上で、検証を始めることにしたんですよね。

 

具体的には仮説に基づきいろいろな人と会うこととしました

 

いろいろな人と会う中で情報を取得しつつ、試行錯誤を繰り返しながら、

 

マス層を脱却する上での最適な情報は何か?を突き詰めて来ました。

 

 

 

 

その結果、、、仮説は見事に検証されました。

 

 

 

そう、情報格差はやはり存在していたんです。

 

 

 

富裕層たちの中には情報があるのに、マス層の中にはない情報があることが証明されました。

 

 

ただ、情報格差の存在を確認しただけでは自分の変化はありませんので、

 

次のステップとして、マス層たちが上の情報にアクセスするポイントを開拓する必要がありました。

 

いろいろと良くしてもらえたというのもありますが、時間をかけて粘り強くお話を伺ったり、自分なりの努力も含めて頑張って来た結果…

 

ついに富裕層の持つ情報網へのアクセスポイントを無事開拓することができました

 

 

 

 

そして今、私は有難いことに、圧倒的な速度でマス層からの脱却が進んでいます。

 

半端じゃないですよ笑

 

 

 

、、、ということで、ぜひ私が開拓できた道(最速経路)を皆さんにもご紹介したいなと思っております。

 

自分が毒味をしたうえで提案して行きますので、基本的に間違いないものをご紹介できるかと。

 

ということで、、、

 

マス層から脱却したいという方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡をどうぞ。

 

圧倒的な速度と結果がありますのでぜひぜひ…

 

ではでは。

 

 

それ自分の感想?それとも他人の感想?

食わず嫌い王決定戦ってクソおもろいけど、、食べたことないのに嫌いになれるってすごいよね。

 

改めて人が作るイメージや噂の力ってすごいなと思ったわ。イメージや噂次第で人の行動や判断を変えちゃうわけやから。

 

でも、凄いことである反面、めちゃくちゃ怖いことでもあるなってすげー思ってて


本質的には最高な"もの"なのに、みすみす周りの噂やイメージで見逃し三振してしまうとしたら、それめっちゃもったいなくないかね。


しかもその"もの"が自分の人生において、とても重要なものだったり、自分の生活を劇的に変えるものだったとしたら、尚のこと怖くない?

 


何がしかの"もの"を目の前にした時に、自分の中から湧き出てきたイメージや感想らしきものに対して、


それ自分のイメージや感想?それとも他人のイメージや感想?

 

って問いを立てる癖をつけるべきだなって。


俺アボガドは男性ウケしないってよく聞いてたけど、食べてみたらめちゃくちゃおいしくてハマってるもん。

 

パクチーまじうまいよって聞いてたから食べてみたけど、クソ苦手だってわかったよ。

 


大袈裟に聞こえるかもしれないけど、仮に他人のイメージや感想を自分のものだと思って生きてるとしたら、

 

それは、他人の人生を生きてるってことになるんじゃないかな。

 

いやむしろ頭の中だけで終わってたとしたら、それ他人の人生すら歩んでないよね。

 

 

じゃあ自分のイメージや感想を持つにはどうしたらいいか?

 

そもそも考えただけのものや人から聞いたり言われたりして思ったことは、感想じゃないよね。

 

感想って感じて想うって書くけど、

 

感じて想うには、やってみるしかないかと。

 

 

何事も、知ってみて、やってみて、五感で感じて初めて感想って湧き出てくるんじゃないかね。

 

 

さらに、実践すれば、自分の感想が湧き出てくるのに加えて、次に繋がる知恵がつくと思ってて。

 

知恵って「あー、あの時こーするべきだったな」とかそういうやつ。

 

知識は忘却されるけど、知恵は記憶と共に残るし。


しかも、(蛇足だけど、)知識なんてもはやwebで調べれば一瞬で出てくるし。webに人の頭は敵わないよ。

 

だから人は経験して知恵をつけなきゃいけないって感じてるんよね

 

 

「これ食べたら自分の体がどうなるのかを知ってるから、これは食べないようにしよう。」

 

「これやったら、自分や周りがどうなるのかを知ってるから、今度はこんな風に観点を変えてやってみよう。」

 

こういう知恵の積み重ねが自分ってものや、個性を作ってくんじゃないかな。


ロボット・IT・人工知能とか言われてる時代に個性のない人間は不要になっちゃうよほぼ確実に。


だからこそ、替えのきかない個性のある人間になって行かないとマジで干される時代は、すぐそこまで来てる。


何事も経験。そして経験するにはまず行動。

 

そんでもって人生は有限。

いつ死ぬかわかんないから。

だからこそスピードも大事。

 

 

 

 

最近流行らせたい自分の内から湧き出て来た言葉

 

Quick Action leads to success

 

 

successの定義は人それぞれだけど、 

 

今の自分よりbetterというか深い自分にはなれるんじゃないかなって

 

 

何事に対しても素早く行動し、知恵のある人間になっていきたいなってやっぱりおもうわ。

 

 

 

 

食わず嫌いは馬鹿野郎

 

 


ワンオク大好き再エネモンスターの戯言でした

 

 

個性のない八方美人は結局孤独。じゃあどうする?

個性、いわゆる自分色が出せるようになってる人は、

 

それなりに時間をかけて努力して個を磨いてるし、考えながらも、

 

とにかく歩みを止めず走って来た人だと思ってる

 

正直、ファーストステップは真似からでも良いと思うんだよね。

 

初動にこだわる人いるけど、止まってるくらいなら真似たほうがいいよ。

 

真似でもいいから考えながら走り続けられれば、

 

もっとこうしたらどうだろ?

 

とかそういう感情や気持ちが湧き出てくるから、それって知恵がついた証拠だとおもうし。

 

結局大切なのは行動することなんだと思ってる。

 

何でもいいから自分の内から出て来た欲求に素直に走ってみたらいい。

 

考えてから行動なんてしてたらいつまでたっても何も残るものを得られない。

 

ある程度生きてれば理解してると思うけど。

 

経験を通じて知恵をつける。知恵がつくと人は応用が利くようになる。

 

知識より知恵の方が大事だよ。

 

人から聞いたり、とりあえず得た知識や情報なんて忘れるよ。

 

でも知恵って体で覚えてるから忘れないよ。

感覚だから。

 

だから個性や自分色を出す近道は、知識より知恵を得るために、

 

欲求とか真似からでも良いから行動を起こして経験することだと思うんだよね。

 

自分色が出て来たら、個性に繋がって、きっと楽しくなってくるよね。

 

そこから初めて類は友を呼ぶ的な現象が起こって来たりなんかしたりするんだよ。

 

個性のない八方美人は一番不幸。疲れるし、結局味方おらん。さみしいよ。

 

個性だしていこーっ。

その為に行動しよーっ。

 

 

 

 

 

再エネモンスター

 

ダラダラ中途半端にやるより、ガーッとスピード意識してやってしまった方がいい

何事も中途半端だと、結局全部自分に返って来るんだろうなって最近思う。

 

中途半端な理解で臨んだ交渉事で、わからない質問をされたら冷や汗かくし。

 

中途半端な理解でそのままにしていれば、せっかくある程度の時間をかけたものも定着せずに、記憶と共に忘却される。

 

中途半端な人間関係も同じ。せっかくキッカケがあって繋がったのに、中途半端な関係で終わらせてしまえば、それはただ知ってるで終わる。

 

そしてその先にある仕事のキッカケや案件の話も中途半端に終わる。そもそもキッカケが生まれない。

 

 

中途半端なスピードでやるなら、集中してある程度深くまでものすごいスピードで突き詰めてから離れればいい。

 

仮に集中して取り組んだ場合に、かけた時間が大きくなったとしても、目先だけでなく後の結果で勝る。

 

さらにその突き詰め方と培ったスピードは、確実に次に繋がって来る。

 

 

一流を目指すならやはりスピードで、量をこなしながら突き詰めて血肉にしてしまう。

 

 

これに尽きる。

 

人それぞれペースはあるのは事実だけど、何より自分なりの最速を意識し続けられるかが自己成長の鍵。

 

 

自分を変えるのは結局自分。

 

 

仕事をしていれば即実践できる環境はあるわけで、お金を貰いながらパワーアップさせてもらえると思えたら最高。

 

あとはその感覚さえ身につけてしまえば、どこで何してたって何とかなるもんだ。

 

https://happylifestyle.com/4147